Facebook にシェア
Pocket

<出典画像:https://ja.wikisource.org/wiki/>

毎月安定売上をつくる会員制ビジネスモデル構築
起業&集客コンサルタントの松本哲也です。

1.坂本龍馬の偉業

1-1 徳川幕府を崩壊させ、明治維新を誕生させた坂本龍馬


坂本龍馬は、
江戸幕府を崩壊させ、明治維新を誕生させた立役者。
当時の江戸幕府は、全国の諸藩を統率する力も弱く、衰弱化していました。
外国からの開国要求をはねのける力がまったくありませんでした。

その当時の日本国内では、幕府派と討幕派での内乱が続き、一歩間違えば、日本は植民地になってもおかしくなかった時代であったともいえます。

その時代背景の中で、仲の悪い薩摩藩と長州藩を結びつけ、薩長同盟を成立させ、明治維新に向けての大政奉還を成し遂げていったのです。

その立役者となった坂本龍馬は、土佐藩の下級武士の生まれで、商人の環境で育ちました。
しかも脱藩浪人となり、その後 徳川幕府を崩壊させ、明治維新を誕生させるきっかけをつくっていったのです。

坂本龍馬の原動力は、どこにあったのでしょう。

2. 偉業を成し遂げた坂本龍馬の原動力

成功を勝ち得た偉人は、一般的に貧しかった人や家庭環境に問題があったことが原動力となり、エネルギーの源泉になったと、皆さんも良く聞いたことがあるでしょう。

しかし坂本龍馬は土佐藩の下級武士で、武士などにお金を貸す質屋、呉服商・酒造業を営む裕福な家庭で生まれ育ちました。

では、なぜその原動力は生まれてきたのでしょう。

それは坂本家が下級武士であり、武士にお金を貸す商人の二面性をもった環境で育ったからでしょう。

身分の高い武士が、頭を下げてお金を借りに来る。
その二面性に接することにより、武士に対して平つくばることもせず、対等な関係としてみていたのでしょう。

身分や階級などに関係なく、「同じ日本人として仲良くすれば良いのに」と思っていたに違いありません。

そのようなニュートラルな考え方が、社会構造を変革する大きな原動力になったのでしょう。

アメリカを実際に見てきた「ジョン・万次郎」などより、噂ではない本当の民主主義のアメリカの話を身近で聞いたことが大きかったと思われます。

階級や対立のない「市民が大統領を選ぶ」アメリカの社会構造に、ショックを受けたに違いありません。

また幕府側にいながら開国主義を唱えた「勝海舟」との出会い。
坂本龍馬は、意見が違わば刀で切り捨てようと乗り込んだにも関わらず、弟子になってしまいます。

日本のためであれば、どんな意見もありだとの既成概念を軸としない両者の考えかた。
両者とも柔軟性の思考と大局からモノを見れる判断力が優れていたのでしょう。

また坂本龍馬がやってきたことの考えには、
対立をなくすことがあります。
身分・階級・立場に関係なく、相手の話を聞くこと。
恨むのではなく許すこと。
相手の価値観を理解し、相手を尊重すること。

そうすれば、必ず対立や戦争はない平和な世界になる。

坂本龍馬のコアコンセプトは、
「自由 対立のない平等な社会の実現」であったのでしょう。

既存の価値観が崩れ、新しい社会が台頭してくるには、時計の振り子のように極端な新たな価値観が生まれ、混乱期の時代を必ず迎えます。

その中で、右や左の振り子の振れを統率する新たな統率者が生まれます。

それが坂本龍馬だったのです。

3. 坂本龍馬はなぜ偉業を成し遂げたのか

 

では、地方の下級武士の生まれの坂本龍馬が、なぜこのような偉業を成し得たのでしょうか。
他者とは違ういくつかのしっかりした理由が見受けられます。

1.賛成・反対問わず、様々の立場の人の意見をしっかり聞いたこと

2.違う立場の人の意見でも、良いものは良いと取り入れる柔軟な考え方を持っていること

3.多くの人が絶対不可能だと思っていることを、あきらめすに成功に導く行動力を持っていること

4.明確なシンプルで素直なビジョンを持っていたこと

5.優れた人脈を幅広くつくりあげていたこと

6.「世界に出たい」という夢を持ち、あきらめずに突き進んだこと

7.コアコンセプトは「自由 対立のない平等な社会の実現」を唱えていたこと

偉業を成し遂げるには、他者と違う優れたモノを持ちあわせています。

ぜひあなたのビジネスにも参考にしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎月安定売上をつくる会員制ビジネスモデル構築
セラピスト起業&集客コンサルタント

松本 哲也

◇公式サイト:
http://www.senzaiishiki-yume.com/
◇MENU:
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/15933
◇Facebook個人アカウント:
https://www.facebook.com/tetsuya.matsumoto210
(友達申請歓迎!メルマガ登録をしましたとメッセージを一言必ずお願いします)
◇Facebookページ:
https://www.facebook.com/pg/senzaiishiki314/
(「いいね」をよろしくお願いします)
◇潜在意識の見える化動画:
https://www.youtube.com/watch?v=oveNWZWJmA8
◇関連事業通販サイト:
http://www.denshichido.com/